teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]

スレッド一覧

他のスレッドを探す  スレッド作成


神った!

 投稿者:51-K  投稿日:2017年 6月15日(木)02時54分51秒
返信・引用 編集済
  なんとまあ、奇しくも交流戦の、奇しくもオリックス戦の、奇しくも延長12回に、鈴木誠也、サヨナラホームラン!今年も神った!すばらしい!交流戦も優勝しそうな勢いです!こんなに強くていいいのだろうか?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

さて、先日物議を醸した(?)シンタ社製のオートガイダーです。

試行錯誤の結果、マニュアルにはない必須事項が少しずつ分かってきました。

その1:
道儀側の微動スピードの設定・調整は絶対に必要である。EM-200Bには微動のスピード調整つまみが三つあります。南北(赤緯)方向が一つ、東西(赤経)方向が二つ。なんで二つあるのか、購入以来20年間、理解していませんでした。

その2:
ガイド星は小さくせよ。CCDの露出が長くなるとガイド星が明るい場合、モニター上で星像が碁石のように大きくなり、シンチレーションでゆらゆらと揺らいで見えます。これではガイドはうまくいかないのは当然。CCDの露出を切り詰めれば、ガイド星は点像に近づき、十字線に合わせてガイドする暗視野照明(明視野でも同じですが)の原理と同じになるということです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今宵はエラー連発でガイドが始まらない状態が続きました。前回は一応ガイド機能が動いたのに・・・。マニュアルにはエラーメッセージの解説は全くないので腹が立つばかり。

さらに、低速モードでの微動が一方向動かない!故障か?断線か?とオロオロ。やっと、EM-200Bの微動速度調整つまみの扱いが少しだけ分かって、この点は解決しました。(東西のどちらか一方向は、微動速度がゼロ(完全に動かない)というレベルまでツマミがまわるのでした)

さらにガイド星を小さくすることを思いつき、やってみると、ようやくエラーが出なくなり、ガイドを始めてくれました。
パチッ、パチッ、パチパチパチと、プロのタイピストがタイプを打つようなリズムで音がして、頻繁に微動が動いて星を十字線の上に止めています。前回は十字線から外れたガイド星を一生懸命戻そうとする動きをしていましたが、今宵は違います!星は十字線に乗っかったままです!

これでガイドができるのではないか?前回と同様の光学系で、2分露光に挑戦。ずいぶん向上しました。微光星は少し流れているようですが、まずまずの出来映えでしょうか。シンチレーションがらみの微調整は時間が無くてできませんでした。次回の課題です。

前回どうして「D」の字を描いたのかは、未だ解明できていません。

今回、微動の動きを確認するため、実に久しぶりに暗視野照明装置GA-4を出して300倍で見てみました。ほったらかしでは、ガイド星が所定の位置から少し動いてしまうことが確認できました。暗視野照明に照らし出されたガイド用の赤い円や直線と星との組み合わせは美しかった。エラーが続くならオートガイドをあきらめて、手動ガイドにしようかと思ったくらいでした。



1枚目:今回撮影。こと座のどこかです。どこを撮ったかは不明。ピント甘め。
    月があったので、感度をISO100に下げて2分露光。今宵のオートガイドの到達点。
2枚目:Dの悲劇。またまた掲載

両者、拡大率は1枚目・2枚目ともほぼ同じくらい。(3枚目=ノートリミング の白枠内ぐらいを切り出しています)
 
 

じっくりと

 投稿者:51-K  投稿日:2017年 6月 9日(金)01時26分4秒
返信・引用
  53-Oさん

いろいろアドバイス、ありがとうございました。

マニュアルに「シーイングがよいときはこのくらいに、悪いときはこのくらいに」等と書いてあるのですが、その辺も理解ができていません。機械の設定の仕方もよく分からないのですが、じっくりと時間をかけながら、調整してみたいと思います。

EM-200Bは、もともとオートガイドに対応していない機材です。それを強引にオートガイド化するわけですから、たぶん、まだ調整すべきところがいろいろ有るのでしょう。

実は赤道儀の側のスピード調整つまみも、意味がまだよく分かっていないというお恥ずかしい次第。20年も使ってる機材なのにね。

高速モードでは動きが大きすぎて星が視野の外に出て行ってしいキャブレーションができないということにさえ、気づくまでに数年を要したわけですからあわてることもないでしょう。

シンガイダーは、星を視野の中央にキープしようという姿勢を間違いなく見せていますから、いつかうまくいくでしょう。

 

そうですか・・

 投稿者:53-O  投稿日:2017年 6月 9日(金)00時46分10秒
返信・引用
  なかなか、原因はつかめないですねぇ。
ノータッチで問題ないのであれば、機械系のガタも考えにくいですしね。

オートガイダーは一体型のようですので、こちらが原因であれば難しそうです。ソフトの再インストールもできないのでしょうか?

思い切って最新のCCDガイダーに替えてみてはどうでしょうか?
高感度のものが4万円程度で組めると思います。
パソコン要りますが・・。
 

オートガイダーについて

 投稿者:51-K  投稿日:2017年 6月 8日(木)01時43分50秒
返信・引用 編集済
  53-Oさん

アドバイスありがとうございます。

>原因1:オートガイドの基準星をガイドカメラが時々見失っていた→雲の通過or基準星が暗かった

当夜は快晴、基準星にしたのは3等星くらいでしょうか。CCDのモニターで、星が十字線の周りを動きまわっているのがよく見えました。

>原因2:ガイドの修正速度が速すぎてガイドが過修正になっていた→修正ボタンをノーマルに変更

これは、ようやく最近気がついたことです。ノーマルモードにしています。さらに修正速度を抑え、オートガイダーの修正値も小さくしてみたら、と考えています。

実は数ヶ月前まで、ノーマルモードにすることに気がついていなかったのです。
ガイド星をロックして、キャブレーションの段階に進むと、高速モードでは移動量が大きすぎて視野から星が出てしまい、「スターロスト」となってしまっています。長いことずっとこのことに気がつかず「このオートガイダーは使いものにならない」と嘆いてきました。やっとそのことに気がつき、オートガイダーを使ってみようと思いたった次第です。


>原因3:オートガイドには全く問題なくて単にデジカメのピントがずれていた→反射系でピントをはずすとドーナツ状の星になります。さらに光軸ずれや光学系に偏った力が加わると真円にならないことから、D型になったものと推察します。

ピントはかなり合わせてあります。この光学系では現在、ピンぼけだとD型ではなくて丸いドーナツになります。

同じ夜にオートガイダーを使わずに、ほったらかしで撮った写真と併せて、Dの悲劇も再UPします。
構図、ピント位置は同じ。露光はどちらも2分。写真の中央部分をトリミング。

一番明るい星でたぶん9等星台です。ほったらかしで6枚撮りました。ガイドが流れたのも若干ありましたが、どれもドーナツ型にはなりませんでした。オートガイダーでは16枚撮りましたが、それらは全て同じD型になってました。

と言うことで、入梅前の、貴重な、超すばらしい透明度の夜の大半をD型の写真作成に費やしていたという悲劇です。

ちなみに私のガイダーはシンガイダー。ネックスガイダーの名前でも売られているやつです。
国際光器製のアダプターケーブルを介してEM-200Bに接続しています。

ほったらかしの方がガイドが良いなんて、あ~あ、うまくいかね~な~

http://

 

みなさま、いろいろご活躍の由。

 投稿者:53-O  投稿日:2017年 6月 7日(水)23時04分24秒
返信・引用
  >魚見さん。
おひさしぶりです。
今年は、ロンドンに行ってアメリカ日食に向けて準備を怠りなく進めているようですね。
グリニッジといえば、何年か前に娘が往訪して同様な子午線跨ぎの写真を撮ってました。
あちらに行ったらそれが定番なんでしょうか?
ジョンソン彗星、暗くて双眼鏡では厳しいですが、彗星特有のエメラルドグリーンは写真写りはいいみたいですね。
狙おうと思いつつ、満月期に入ってしまい、本日、四国は梅雨入りしました。残念。

>51-Kさま。
Dの悲劇・・ですか。
たしかにDゴンズも今年は調子悪いです。
さらに、今日はGが球団創設以来の12連敗とのこと。Gの悲劇でもあります。
長年の恨みが積もった我がカープとしては大幅な勝ち越しもあって実に痛快なシーズンです!
・・で、マジメな話、なんでこんなD模様ができたんでしょうか?
自分もやっと最近、オートガイドを復活させていい感じに撮れ出したところなので、たいへん気になります。
私の原因考察と対処法は以下の通りです。
原因1:オートガイドの基準星をガイドカメラが時々見失っていた→雲の通過or基準星が暗かった
原因2:ガイドの修正速度が速すぎてガイドが過修正になっていた→修正ボタンをノーマルに変更
原因3:オートガイドには全く問題なくて単にデジカメのピントがずれていた→反射系でピントをはずすとドーナツ状の星になります。さらに光軸ずれや光学系に偏った力が加わると真円にならないことから、D型になったものと推察します。

私のほうといえば、5月から山に登ったり星撮りに遠征したりして写真もたくさんたまっていますが、最近は毎日出張続きのため、なかなか処理ができてません。
梅雨入りで、少し時間ができたら、ぼちぼち処理してアップしますので、よろしくです。
 

対日食用の新兵器ですね

 投稿者:51-K  投稿日:2017年 6月 7日(水)04時45分56秒
返信・引用 編集済
  ケンコー+ビクセン!良くポーラメータが付きましたね。もしかしてテープで貼ってますか?

ベランダで写した写真、カメラが銀色に見えるのは、光の加減でしょうか?それとも、もしかして、ヤマトと同じように、デスラー砲を跳ね返す「空間磁力メッキ」をほどこして、熱線対策をなさったのでしょうか?

私の経験では、夏の日差しの下で何時間かにわたって撮影をすると、レンズにつける減光フィルターや機材は、手で触れないほどに熱くなりますから、ご用心ください。

カメラより少し大きな厚紙に、レンズの直径位の穴をあけたものを作り、レンズだけそこから出すようにして日よけにすると、カメラ本体は簡単かつ確実に熱から守れます。(減光フィルター部分はどうしようもないですが)

昔、天文ガイドに、カメラをアルミホイルで覆って断熱するという記事が出ていて試しましたが、乱反射でまぶしくて目が疲れて、炎天下では体力と気力の消耗になり、かないませんでした。

ピントや構図を見るとき、自分の顔から反射した太陽光でファインダーやモニターが大変見にくくなりますが、顔に黒い布(ハンカチやタオル)を当てるだけでずいぶん見やすくなります。

アメリカ日食への出陣に向けて、日夜日食で頭がいっぱい、仕事も手に付かないことと拝察いたします。ご健闘・ご武運をお祈り申し上げます。
 

その2

 投稿者:魚見52  投稿日:2017年 6月 6日(火)23時42分21秒
返信・引用
  ポラリエのポーラメータを合体しています。  

うひょ~~

 投稿者:魚見52  投稿日:2017年 6月 6日(火)23時40分5秒
返信・引用
  全て、M57状態ですね(笑)。
そうです。日食に備えて、レッドをgetして、日食研究会含め参加して吠えています。
 

Dの悲劇

 投稿者:51-K  投稿日:2017年 6月 6日(火)01時16分42秒
返信・引用 編集済
  >魚見52さん

ロンドン、いいですね。私も行ってみたい場所です。グリニッジ天文台の望遠鏡類は、どえらい迫力ですな。
カティーサーク、ウイスキーのラベルのデザインになってますね。船体を眺めている人と比べると、船の大きさが分かります。本当に「どでかい」船なんですね。

「ジョンソン彗星・V2」そうか、そういうネーミングか!交流戦もまずまずの滑り出し。今年も期待ですね!ジョンソン君が帰ってくれば百人力!

>特別色の赤のレッド仕様です!

もしかして、ケンコーあたり製のポタ赤の王道兵器導入ですか?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

さて、私こと、

週末の、恐ろしく澄み切った空に誘われて、星の写真を撮りに行きました。
月があったので、沈むまで待つ間、長い間手つかずにしていたオートガイダーをセットしてみました。

購入以来数年。扱いが良くわからん上にモニターが暗くて◎眼の目には見にくいことこの上なく、じっくり取り組む気にならなかったのですが、時間がタップリ有ったので、何を書いてあるのかよく分からないマニュアルと首っ引きで、ようやく初めて実戦投入を企画しました。

購入したばかりの頃、極軸が全く合っていない、あさっての方角を向いた赤道儀をガイドさせたら、200倍超の倍率で目標天体を数時間、視野のど真ん中にキープし続けてくれたから、かなりの優れもののはず・・・「はず」・・・でした。

諸々の設定を終え、ガイドスタート。カタカタと、微動を動かす信号音を発しながら機械が動きます。CCDのモニターを見ると、ガイド星が十字線の近くを行ったり来たり。

「おお、これは!がんばってガイドしているな!」

と思ったのですが、これが実はとんでもない失敗でした。

できあがった写真を見ると、星がまるで「D」の字の様に動いて写っているではありませんか。何回も「D」の形に、同じ軌跡を動き続けたようです。
なんてことでしょう。これなら赤道儀をほったらかしにした方がよっぽど点像になります。たぶん、ガイドの修正量の設定がダメだったんでしょう。この季節には奇跡とも言えるようなすばらしい透明度の空が台無しになりました。修行が足りません!
ということで、しょうもない写真です。

1枚目:月明かりで写した撮影機材のセット。
2枚目:「Dの悲劇」と言うべきか、「サインはD」(ダメの頭文字のD)と言うべきか・・・トホホ
3枚目:透明度がすばらしく、明け方の山があまりにもきれいでした。新緑の木々と最高のマッチングでした。

キミは何の写真を撮りに行ったのかね?これでは、天体写真じゃなくて、天体望遠鏡写真じゃあないですか。
 

憧れのグリニッジ三昧 (5)

 投稿者:魚見52  投稿日:2017年 6月 5日(月)17時14分49秒
返信・引用
  魚見 和久。
5月18日 17:42 ?
グジニッジのシンボル、カティーサーク号、でかくて、めっちゃ下がんないと全貌が入りません(笑)。
魚見 和久 そうそう、わしもウイスキーかと思った、カティーサークがいいよと言われて~♪
5月18日 18:34
 

レンタル掲示板
/178