teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 <思いやりのあるコミュニティ宣言>
 teacup.掲示板は、皆様の権利を守りながら、思いやり、温かみのあるコミュニティづくりを応援します。
 いつもご協力いただきありがとうございます。

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]

スレッド一覧

  1. ブランド激安市場 bag53(0)
  2. ブランド激安市場 bag53(0)
スレッド一覧(全2)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


Re: たんぽぽさんへ

 投稿者:たんぽぽ  投稿日:2015年 4月 1日(水)22時11分4秒
返信・引用
  > No.79[元記事へ]

管理人さんへのお返事です。

> たんぽぽさん、長らく法治プレーになって申し訳ありません。
> いつもながら小作品への思い入れには感謝感激です。
> ありがとうございます。
> >管結紮を受けるとなると研二さんの子供が産めなくなるという思いと王子に逆らえない葛藤もあったのでしょうかね。
>
> あ、これはですね、王子から恋人の死を聞き、様々な証拠を突きつけられた結果、彼女には研二離れが発生していたようです。それに王子からの強いラブコールもあって、もともと熱情的なマヤはそのときには王子以外の男は見えては居なかったと思いますよ。様々な自己犠牲もその文脈で理解していく必要があると思います。
> そんなところで、ご参考になれば。

なるほど、うっかりしていました。
また質問返しになってしまいますが、だとすると後に恋人が存命だと分かった時は逆に恋人の子供を産めなくしてしまった後悔という気持ちは発生したのでしょうか?

あと前回の質問文の後半に書いた陰核を大きくされたことについての質問も合わせて回答いただければ幸いですm(--)m


>
> ご返事が大変遅れて申し訳ありません。
> 今後ともよろしく。
> 近々HPは再開の運びとなりますのでご期待のほど。

こちらこそ、毎度質問に答えていただき感謝しています。
再開たのしみにしています。

 
 

たんぽぽさんへ

 投稿者:管理人  投稿日:2015年 4月 1日(水)18時29分14秒
返信・引用
  たんぽぽさん、長らく法治プレーになって申し訳ありません。
いつもながら小作品への思い入れには感謝感激です。
ありがとうございます。
>管結紮を受けるとなると研二さんの子供が産めなくなるという思いと王子に逆らえない葛藤もあったのでしょうかね。

あ、これはですね、王子から恋人の死を聞き、様々な証拠を突きつけられた結果、彼女には研二離れが発生していたようです。それに王子からの強いラブコールもあって、もともと熱情的なマヤはそのときには王子以外の男は見えては居なかったと思いますよ。様々な自己犠牲もその文脈で理解していく必要があると思います。
そんなところで、ご参考になれば。

ご返事が大変遅れて申し訳ありません。
今後ともよろしく。
近々HPは再開の運びとなりますのでご期待のほど。
 

質問です

 投稿者:たんぽぽ  投稿日:2015年 3月26日(木)00時07分21秒
返信・引用
  ご無沙汰しております、新作の意欲が衰退されているとのことですが無理せず頑張ってください。
さて、また新たな質問なのですが「砂漠のマヤ」より、卵管結紮手術や改造手術を受ける時のマヤさんの気持ちをもう少し掘り込んだところを知りたいです。

卵管結紮を受けるとなると研二さんの子供が産めなくなるという思いと王子に逆らえない葛藤もあったのでしょうかね。
それともマヤさんは生い立ちや性交に対しての淡白さもあったとのことですので研二さんに会えさえすれば子供を産むことはどうでもいい、そういうことは二の次ってところだったのでしょうか?

あと、陰核を大きくされたことも本人にとってはコンプレックスや機能による不便さ、例えば興奮時に目立つことによる好奇や軽蔑を受けること、勃起した際に着衣に擦れたり等外的な刺激を受けることなど、マイナスな面が大きくて無くなった方がマシ、といった感じだったのでしょうか?
それで割礼された際も後も結果的に性交の際の性感を鈍らされることになったことはあまり堪えていなかった所でしょうか?

毎度長文失礼いたします。
 

Re: アドレス変更

 投稿者:管理人  投稿日:2015年 3月 3日(火)10時23分48秒
返信・引用
  > No.76[元記事へ]

お姫様倶楽部さんへのお返事です。

> ご無沙汰しております
> 何度もお手数ですが、アドレス変更いたしました。
> 小説も更新再開しております。お出かけくださいませ
>
お姫様わざわざのお出まし恐れ入ります。
こちらこそご無沙汰ばかりいたしております。

最近はちょっとかき欲減退でなんとかしたいとあせっております。
また貴サイトを拝見して起爆剤にしたいと思います。

アドレス変更了解しました。

今後ともよろしくお願いいたします。
 

アドレス変更

 投稿者:お姫様倶楽部  投稿日:2015年 2月27日(金)19時49分1秒
返信・引用
  ご無沙汰しております
何度もお手数ですが、アドレス変更いたしました。
小説も更新再開しております。お出かけくださいませ

http://ohimesamaclub.com/novel/

http://ohimesamaclub.com/novel/plv/2cc.html

 

Re: 明けましておめでとうございます

 投稿者:たんぽぽ  投稿日:2015年 1月29日(木)21時42分38秒
返信・引用
  > No.74[元記事へ]

管理人さんへのお返事です。

> >元の体には戻れなかった、もしくはあえてわざわざ戻さなかったという解釈でよろしいでしょうか?
>  作者的にももしエピローグがあるとしてもあえて元の体に戻るハッピーエンドにはしたくないということですね。
>
> はい、そういうことでお願いいたします。
> 私自身は女性も男性もその個人が精一杯生きるということで人間は完結するものと思っています。
> 女性に生殖能力があるのはまた別の問題で、綺麗な花が見事に咲き誇ったらそれで100点満点なのだと。
> そういう思想で私は行っていますので、これにご異論がああれば(あるのは承知しています)また別の機会にでもお願いいたします。お受けします。
> >生きて会えて一緒に居られるので十分という気持ちなんでしょうかね。
>
> その通りです。おっしゃるように女性の一つの自由のありかたという筋論として通っていると思いますので。
>

いえいえ、異論なんてとんでもないです。逆にはっきり出来て良かったです。
おっしゃるように生殖能力で女性のすべてが決まるわけではありませんものね。
それに物語の展開を見ていると凌辱の嵐だったので、結果的に父親が分からない子供を身ごもらなかったという怪我の功名的な見方も出来ますね。

あと、大きくされた陰核も本人はコンプレックスや機能による苦労があったと思いますし、性交行為に対しては淡白で事件後も進んですることはなさそうだと思いますので失ったことによるダメージは少なさそうですね。

いずれにせよ回答感謝します。



> >しますがまたエロい堕胎手術や改造手術のある作品を拝見したいものです。
>
> えーと、もうすぐいまの連載が終わりますし、75万記念として「一の木マヤシリーズの再掲載を考えております。乞う、ご期待 ということでw。

おおそれは待ち遠しいです、楽しみにしております。
個人的に疑問点だった、出来た子供の父親は結局誰だったのかとか堕胎の手術がもとでその後不妊になったのか、という点が補完されていたらうれしいです。

所で女教師凌辱物語の旧データは発掘出来ましたでしょうか?
それも密かに楽しみに待っていますww
 

明けましておめでとうございます

 投稿者:管理人  投稿日:2015年 1月 5日(月)11時01分50秒
返信・引用
  たんぽぽさん、新年そうそうおみ足を運ばれてのご登場恐れ入ります。
今年もよろしくお手柔らかにお願いいたしますw
さて
>元の体には戻れなかった、もしくはあえてわざわざ戻さなかったという解釈でよろしいでしょうか?
作者的にももしエピローグがあるとしてもあえて元の体に戻るハッピーエンドにはしたくないということですね。

はい、そういうことでお願いいたします。
私自身は女性も男性もその個人が精一杯生きるということで人間は完結するものと思っています。
女性に生殖能力があるのはまた別の問題で、綺麗な花が見事に咲き誇ったらそれで100点満点なのだと。
そういう思想で私は行っていますので、これにご異論がああれば(あるのは承知しています)また別の機会にでもお願いいたします。お受けします。
>生きて会えて一緒に居られるので十分という気持ちなんでしょうかね。

その通りです。おっしゃるように女性の一つの自由のありかたという筋論として通っていると思いますので。

>しますがまたエロい堕胎手術や改造手術のある作品を拝見したいものです。

えーと、もうすぐいまの連載が終わりますし、75万記念として「一の木マヤシリーズの再掲載を考えております。乞う、ご期待 ということでw。
 

たんぽぽです

 投稿者:たんぽぽ  投稿日:2015年 1月 5日(月)00時08分56秒
返信・引用
  あけましておめでとうございます。

今年もまたのめりこんでご厄介をかけるかもしれませんがご容赦のほどよろしくおねがいします。
さて、前回書き込ませていた質問ですがちょっと書き方がややこしかったようですので再度書かせていただきます。

以下引用
> > また質問的になりますが個人的には失われた生殖能力とか陰核とか再生出来たのかが一番気に成るところですので教えていただければ嬉しいです。
> >
> > 最近の医学の発達で割礼された陰核の再生や卵管結紮の再吻合が出来るらしいので。
> > もしかしたら研二さんもマヤさんも一緒に居られればそれでよいとわざわざしないかもと考えられそうなので。僕的には元の体に戻れれば良いとは思いますが。
>> そうなんですよね。私もヒロインの心の傷を含めてあまり深刻な傷は設定することに躊躇します。
> でも人間の存在はどうしても有限なんですね。悲劇はヒーローを死なせることで成立します。こういった設定もひとつの芸術を完成させるにはありなんだと観念つーかあきらめていただくしかないと思います。
> 申し訳ありません。
>
以下がそれに対しての質問です。

要は基本的にあの後の展開としては元の体には戻れなかった、もしくはあえてわざわざ戻さなかったという解釈でよろしいでしょうか?
作者的にももしエピローグがあるとしてもあえて元の体に戻るハッピーエンドにはしたくないということですね。

マヤさん、研二さん的には自分たちの子供が持てないのは無念な反面、生きて会えて一緒に居られるので十分という気持ちなんでしょうかね。

以下は追記の感想です

考えようによってはあのあと強姦の連続だったので誰が父親かわからない子供を身ごもらなかったという面では不妊手術のおかげで助かったとも取れますね。


脱線しますがまたエロい堕胎手術や改造手術のある作品を拝見したいものです。

無茶な質問ばかりで申し訳ありませんでした。
 

Re: こんばんは、また質問です

 投稿者:たんぽぽ  投稿日:2014年12月15日(月)22時59分58秒
返信・引用
  > No.71[元記事へ]

管理人さんへのお返事です。


> >
> > また質問的になりますが個人的には失われた生殖能力とか陰核とか再生出来たのかが一番気に成るところですので教えていただければ嬉しいです。
> >
> > 最近の医学の発達で割礼された陰核の再生や卵管結紮の再吻合が出来るらしいので。
> > もしかしたら研二さんもマヤさんも一緒に居られればそれでよいとわざわざしないかもと考えられそうなので。僕的には元の体に戻れれば良いとは思いますが。
>


> そうなんですよね。私もヒロインの心の傷を含めてあまり深刻な傷は設定することに躊躇します。
> でも人間の存在はどうしても有限なんですね。悲劇はヒーローを死なせることで成立します。こういった設定もひとつの芸術を完成させるにはありなんだと観念つーかあきらめていただくしかないと思います。
> 申し訳ありません。
>

要は基本的にあの後の展開としては元の体には戻れなかった、戻さなかったという解釈でよろしいでしょうか。
作者的にももしエピローグがあるとしてもあえて元の体に戻るハッピーエンドにはしたくないということですね。
マヤさん、研二さん的には自分たちの子供が持てないのは無念な反面、生きて会えて一緒に居られるので十分という気持ちなんでしょうかね。

無茶な質問ばかりで申し訳ありませんでした。


 

Re: こんばんは、また質問です

 投稿者:管理人  投稿日:2014年11月28日(金)10時04分11秒
返信・引用
  > No.70[元記事へ]

たんぽぽさんへのお返事です。

おお、たんぽぽさん、長らく放置プレーしてしまい申し訳ありません。
ちょっと最近いろいろあって、忙しかったもので(言い訳)。
明日からまたちょっと旅に出ます。気がついたのは不幸中の幸いでした。

> >「砂漠のマヤ」
> 僕も欲を言えば帰国後のエピローグ的なものがやっぱり読んでみたいですね。
> 小説でなくてかまいませんので原作者的にはどう描くか箇条書き程度でいいので教えていただければ幸いです。

ははあ、これは…。
どうもお答えがむづかしいところですね。
>
> また質問的になりますが個人的には失われた生殖能力とか陰核とか再生出来たのかが一番気に成るところですので教えていただければ嬉しいです。
>
> 最近の医学の発達で割礼された陰核の再生や卵管結紮の再吻合が出来るらしいので。
> もしかしたら研二さんもマヤさんも一緒に居られればそれでよいとわざわざしないかもと考えられそうなので。僕的には元の体に戻れれば良いとは思いますが。


そうなんですよね。私もヒロインの心の傷を含めてあまり深刻な傷は設定することに躊躇します。
でも人間の存在はどうしても有限なんですね。悲劇はヒーローを死なせることで成立します。こういった設定もひとつの芸術を完成させるにはありなんだと観念つーかあきらめていただくしかないと思います。
申し訳ありません。

>
> それと前回聞き忘れていましたがもう一つの質問ですが
> マヤさんの大きくされた陰核って本来の男性器ほどでもないということですがだいたい長さと直径は何センチぐらいでしょうか?
> 一般の男性の平均以下だとは思いますが。
>
はい、そのとおりです。その範囲でご想像いただければよろしいかと。
最大の快楽が得られる想像はひとそれぞれだと思っていますので、特に申し上げませんw。


今後ともご愛顧よろしく。
ありがとうございました。
>
 

レンタル掲示板
/13