『銀の紐』『銀の紐を越えて/α』の連絡&雑談掲示板

ブログ『銀の紐』『銀の紐を越えて』『銀の紐を越えてα』の緊急時連絡用掲示板です。 ブログが閲覧できない場合は、こちらからお問い合わせ下さい。



カテゴリ:[ 連絡掲示板 ]


145件の内、新着の記事から20件ずつ表示します。


[167] Re: 未来の出来事

投稿者: Silvercord管理人 投稿日:2016年 2月 9日(火)21時22分39秒   通報   返信・引用 > No.166[元記事へ]

くい様

『銀の紐』掲載の以下の記事では、19世紀以降の急激な世界人口の増加と、『ヨハネの黙示録』における『神の裁き』との間に密接な関わりがあると述べています。

http://inside-silvercord.blogspot.com/2014/12/blog-post.html

要約すると、『神の裁き』の時代に人間としての経験を積む事によって、霊的成長が促進されるので、『神の裁き』の時代に人間として生きる事を望む霊の数が多くなります。
ですから、ほんの70年の期間を置いて『神の裁き』の時代が連続する今の時代は、霊界からの働きかけとして、そうなるべくして人口が増加してきたという内容でした。
そして、今回の『神の裁き』の時期の終わりは、概ね今世紀末から来世紀初頭にかけてであり、その後三度目の『神の裁き』が始まるまでに、およそ200年の間隔が空いてしまいます。
そこで、今後世界の人口は減少に転じると述べています。
その中でも、人口減少フェーズの最先端にある国家の一つが日本という事になります。

さて、今後の日本で起こる人口減少は不可避の変化ですが、以下の『銀の紐』掲載記事にあるように、このまま日本から人がいなくなってしまう事はありませんし、外国人によって占拠されてしまう事もないと見ています。

http://inside-silvercord.blogspot.com/2011/01/blog-post_04.html

ある程度の人口減少は避けられませんが、『神の裁き』以外の時期における適正な水準で下げ止まるのではないでしょうか。
それが7千万人なのか、5千万人なのか、それとも3千万人なのかは分かりません。

それでは、今後30年間で、日本の人口が5千万人以上減少する可能性はあるのでしょうか。
参考として、内閣府サイトより、経済財政諮問会議に設けられた「選択する未来」委員会にて、中長期的な人口減少対策についての議論を行っているのですが、その議論の前提として、日本の将来推計人口を示しています。

http://www5.cao.go.jp/keizai-shimon/kaigi/special/future/sentaku/s2_1.html

それによると、現在より32年後の2048年時点での人口が9913万人と、1億人を割り込む可能性が見込まれるそうです。
そこで、今後政府が中長期的な人口減少対策として、人口減少速度をゆるやかにして、最終的には人口減少を食い止めるための手段を模索しているようです。
尤も、こちらの将来人口推計の妥当性については議論の余地があるのかも知れませんが、長期的な政策を検討する材料としての価値があるという、政府の判断を信頼するか否かではないでしょうか。

そこでお話の「今後30年で日本の人口が5千万人以上減少する」可能性について考えてみると、上の将来人口推計でも、現在より5千万人以上人口が減少する可能性は想定されていますが、それは30年後よりも遥かに後の可能性としています。
仰るように、震災などの大規模自然災害が頻発したり、大規模な戦争に巻き込まれたとしても、30年で5千万人超の人口減少は無理があるでしょう。
ましてや、大規模自然災害や戦争の被害を受けるなら尚のこと、相当数の外国人が流入するなどあり得ません。
外国人が流入するのは、治安が安定して生活しやすいからなのですが、それ程の大幅な人口減少が起きるのでしたら、その原因が何であるにせよ、日本国内の生活環境が相当悪化すると考えられます。
現在のEU諸国をご覧になれば分かるように、価値観の異なる外国人が大量に流入すると、その国の治安は悪化しますし、治安が悪化すると外国人を排斥する動きが起こります。
ですから、私たちの身の回りの出来事や、既知の知識に当て嵌めて考える限りでは、「今後30年で日本の人口が5千万人以上減少するにも関わらず、相当数の外国人が流入している」ケースは想定できません。

また、『銀の紐』に登場する神様や霊界の住人の話を聞く限りでは、日本は私たち人間の霊的成長に必須の特別な役回りを担っていますので、その「日本人が将来世界へ散らばる」可能性はありません。

そして、くい様が某所掲示板で発見した「未来の出来事」とは、実は未来の出来事とは何の関わりもない、日本を不当に貶めたい者による質の悪い妄想の類いである可能性を疑っています。

それでも一応霊媒に確認を取りましたが、外国人の流入はともかくとして、「今後30年で日本の人口が5千万人以上減少する」可能性自体は、わずかながらあり得るのだそうです。
但し、それは日本国内の生活環境が非常に悪化する政策を実施して、未来に希望が持てなくなり、自殺者が増加し、結婚や出産が現在よりも大幅に減少したまま、何の対策も打たずに30年放置した結果として、想定外の急激な人口減少は起こりうるそうです。
尤も、管理人はその様な可能性を考えていません。
今の日本において、国内の生活環境を意図的に悪化させたまま30年間放置する、という想定が成り立つとは思わないからです。




[166] 未来の出来事

投稿者: くい 投稿日:2016年 2月 8日(月)21時35分49秒   通報   返信・引用

初めまして。突然で申し訳ございませんが
是非こちらで意見を伺いたく投稿させて頂きました。
某所掲示板にて、
日本の未来の出来事を投稿された方がいらっしゃいまして、
その方の語る出来事が大変気になっております。

一つには今後約30年で日本の人口が5000万人以上減少すると言うものです。
この期間に戦争による国外移住、高齢化による人口減少もあるようですが
それだけでは説明のつかない減少幅です。
震災も起こるようですがその犠牲者数も全く及びません。
そして相当数の外国人が流入し、日本語を話せない人も多いという未来です。
日本人が将来世界へ散らばるというお話は聞いたことはありますが、
それはもっと遠い将来の話であると思っています。

もし本当に30年程度で日本に住む日本人が
大幅に減少するよう未来を向かえる場合、
それはまた日本人がかつての大戦のように選択を誤ったのでしょうか?
それとも日本の霊界の皆様の想定の範囲に収まるものでしょうか?
よろしければ御返答頂きたいと思います。



[165] お返事ありがとうございます。

投稿者: とんちゃん 投稿日:2016年 2月 4日(木)22時10分56秒   通報   返信・引用

早速のお返事ありがとうございます。
お返事を頂いて、もう一度過去の記事を読み返してきました。「日本の果たす役割」について、改めて想いを強くしました。日本は戦争には負けましたが、イギリスを始めとする西欧諸国の植民地政策(奴隷化)を打ち砕きました。日本という誠実な国民の住む国が、世界のスタンダードになる日が来ることを願って、私自身も誠実に今生を生ききりたいと思います。



[164] Re: ユダヤと日本の関係

投稿者: Silvercord管理人 投稿日:2016年 2月 2日(火)20時20分11秒   通報   返信・引用

とんちゃん様

『銀の紐』に登場する神様や霊界の住人は、人間に宿る霊の成長を促す働きかけを行っています。
ですから、働きかけの対象である人間を、あえて勝者と敗者に区別する必要を感じていないでしょう。
とんちゃん様が「勝者」と仰る者も、「敗者」と仰る者も、神々や霊界の住人から見れば、どちらも同じ「霊的成長を促す対象である人間(に宿る霊)」です。

また、特に『銀の紐』でユダヤをテーマとする際には、それがアブラハムの子孫を指すのか、それともイスラエル国民を指すのか、あるいはユダヤ教徒を指すのか、話の対象を明確にしておかなくてはなりません。
『銀の紐』掲載記事【『ヨハネの黙示録』に託されたメッセージ(その1)】の項目「スミルナにある教会の天使への手紙」で述べているように、ユダヤ人とはアブラハムの子孫と、自らをユダヤ人と名乗る偽者の寄り合い所帯となっているからです。
ユダヤ人と名乗る偽者は、「サタンの集いに属している者ども」であり、アブラハムの子孫たちは彼らによって非難され、時には牢に放り込まれるなどの苦難を強いられています。
確かに日本も外国からの干渉を受けていますし、国内から内部分裂を仕掛けられていますが、それでも霊界と地上界を繋ぐ拠点の守人が主導権を握っているのですから、エルサレムの拠点と比べると日本の拠点は遥かにマシな状態にあると言えるでしょう。

第二次世界大戦後七十年を経た今になって、何故日本国内から「東京裁判史観を見直そう」とする機運が芽生えつつあるのでしょうか。
そして何故欧州(特にドイツ)は、かつてヒトラーとナチスに全ての責任を押しつけて隠蔽した過ちを、今再び繰り返そうとしているのでしょうか。
嘘を百回繰り返しても、絶対に嘘と真をすり替える事は出来ず、嘘つきの本性がますます明らかになるだけであり、誤った行動からは誤った結果しか導き出せないという普遍的な法則性を、自ら経験する中から学び取る事になるのが、これから世紀末にかけての時代の趨勢であると理解しています。
嘘つきとは、とんちゃん様が勝者と仰る者であり、その嘘を暴く先頭に立つのが日本になると考えていますので、きっと大事になる前に押さえ込みたいのでしょう。
ところが、彼らは調子に乗ってグローバリズムを推進してしまった結果として、国家の枠組みでは分けられないほど権利関係が複雑に入り乱れてしまいましたので、下手に日本を叩くと自分も傷つく構図が生まれてしまいました。
ですから、幾ら日本を叩いても思ったような効果が現れずに、かえって自身の命脈を危うくしてしまうのです。
日本を滅ぼすどころか、今までは防戦一方であった日本がようやく反転攻勢に出るのがこれからであって、嘘偽りを重ねてきた詐欺師が自らの過ちを認めて改めない限り、詐欺師の首は絞まる一方となるでしょう。
とはいえ、七十年かけて日本を拘束してきた嘘偽りを正すには、やはり同じくらいの時間がかかるのではないでしょうか。



[162] ユダヤと日本の関係

投稿者: とんちゃん 投稿日:2016年 2月 1日(月)00時08分2秒   通報   返信・引用

こんばんは、いつも興味深くHPを拝読させていただいております。
世界中の人々、特に日本人は、勝者のプロパガンダで歴史が塗り替えられていたことに、ようやく気付き始めているように感じます。インターネットの普及により、本当の敵は隠れていて、巧妙に立ち回っていることに、世界の動向から読み取ることができる時代となったように思います。
ISISはなぜ中東世界を破壊しているのか?得をするのは誰なのか?マッチポンプの茶番劇ではないのか?
第1次世界大戦からの世界の流れの中で、なぜ日本は第2次世界大戦に巻き込まれたのか?動かしている黒幕は誰なのか?日本の神道とユダヤ教の類似点、日本語とヘブライ語の類似点など考えたとき、日本を滅ぼしたい勢力を感じずにはいられません。管理人様は、どのようにお考えでしょうか?




[161] Re: 日本の安定を揺るがす者・・・

投稿者: Silvercord管理人 投稿日:2016年 1月14日(木)21時51分27秒   通報   返信・引用 > No.160[元記事へ]

ARM-A7様

あけましておめでとうございます。
こちらは『銀の紐』などにトラブルが発生した場合の避難所的な場所ですので、特定の記事についてのコメントは、各記事のコメント欄をご利用頂いた方が良いと思います。

さて、公務員は法律を運用する要となる職業ですので、幾ら適切な素晴らしい法律を定めても、公務員が法律をきちんと運用しなければ、国内の秩序は乱れてしまいます。
ですから、公務員の採用基準が重要なのは仰る通りだと思います。
私たち一般の国民が判断を誤っても、精々自分や親族が苦しむ程度ですし、民間企業の社員が判断を誤った場合も、その会社が破綻してしまうのが精々でしょう。
ところが、公務員が判断を誤ると、場合によっては国家を破綻に導きかねません。
公務員とは、その様な責任を否応なく担う職業なのですが、その責任を自覚している公務員が、果たしてどのくらいいるのでしょう。



[160] 日本の安定を揺るがす者・・・

投稿者: ARM-A7 投稿日:2016年 1月14日(木)10時51分40秒   通報   返信・引用

あけましておめでとうございます。

旧年中はありがとうございました。
記事では無くこちらに感想を書かせていただきます。
神様との対話とても参考になります。
ともすれば私たちは特定の集団が悪いということでその人たちを追い出せば全て解決と早計に思ってしまいますが、神様の意図を伺いますとここもお互いにとって重要な学びであったのかなという感慨を持ちます。

国内の制度や仕組みは以前のご記事にもありましたとおり、性善説的な価値観で運用される前提があってここを悪用されるだけでなく、公務員の国籍条項などに見られるように圧力に負けて逆に緩めてしまったという日本側の反省点もあります。

何の目的の為にどんな人がこの国の公務員になっていただくべきなのかとの議論が国籍条項を撤廃する時に議論する必要があったと今更ながら思い出します。

それ以前にこうした制度のあり方への当時での関心の薄さは個人的には反省点でした。
お陰をもちましてこういう風に反省を促されて今後も気を緩めずいろいろな出来事について考えていきたいと思います。



[153] Re: 日本の今後のエネルギー政策について

投稿者: 水無月 投稿日:2015年11月11日(水)17時18分54秒   通報   返信・引用

管理人様

お早い回答ありがとうございます。
拙い質問でしたがお答えくださりとても嬉しいです。(掲示板に書いてから消そうか迷っていたので…)
ご意見いただけてまずはほっとしました。
どうしても主観が入ってしまい私も冷静に語れなかったので、管理人様のような方とお話しできて良かったです。

>物事の判断を的確に行うには、正しい知識と広い視野、そしてパニックに陥らない冷静さと、様々な意見に耳を傾けて、思いつく限りのあらゆる可能性を考慮する慎重さが求められると言うことでしょうか。

そうですよね。
私も視野が狭かったなと反省しました。

> 但し、原発を止めて太陽光発電を普及するという発想は、様々な電子機器に囲まれて生活を送る私たちの現状を無視した失政であると思います。

こういったご意見が聞けて溜飲が下がる思いです。山の斜面を削ってまで太陽光パネルがたくさんできていて、災害の多い日本でこういうことをしても大丈夫なのだろうか?と思っていたので。

> 神様は将来のエネルギーについて云々と述べることは致しません。
> それが今の人間にとって未知のエネルギーであれば、そもそも人間が理解できるように説明できないでしょうし、それは人間が試行錯誤する中から見つけ出すものだと思います。

試行錯誤も人間に与えられた自由意思があるからできることですし、それによって人間の成長が望めることであれば、神様方があれこれ口を出してしまうと成長を妨げてしまうことになりますものね。
人間の様々な可能性を冷静に信じていこうと思います。
ありがとうございました。



[152] Re: 日本の今後のエネルギー政策について

投稿者: Silvercord管理人 投稿日:2015年11月10日(火)23時59分7秒   通報   返信・引用 > No.151[元記事へ]

水無月様

先に結論を述べると、物事の判断を的確に行うには、正しい知識と広い視野、そしてパニックに陥らない冷静さと、様々な意見に耳を傾けて、思いつく限りのあらゆる可能性を考慮する慎重さが求められると言うことでしょうか。

現時点でも、発電には様々な方法があり、それぞれに利点と欠点がありますので、用途によって最適な発電方法を選べば、どの発電方法でも使い道はあると思います。
但し、原発を止めて太陽光発電を普及するという発想は、様々な電子機器に囲まれて生活を送る私たちの現状を無視した失政であると思います。
太陽光や風力発電などは、発電量や電気の質を制御できませんが、電子機器は些細な電圧・電流の変動でもトラブルの原因となります。
それを避けるには、太陽光などで発電した電気を一旦バッテリーに充電して、使用する場合はバッテリーから一定量の電圧・電流で供給しなくてはなりません。
ところが、発電所クラスの大容量の電力を貯蓄するバッテリーはありません。
ですから、あくまでも現状の火力・水力・原子力などによる、安定して均質の電力を大量に発電できる仕組みのおまけとして、一部に太陽光などを混ぜる程度が精々でしょう。
また、太陽光パネルの発電量は、単位面積あたりの発電効率×面積ですので、太陽光発電を推進するほど、地面が太陽光パネルに覆われていきます。
自然災害に弱く、景観が悪化しますし、太陽光パネルの反射光が家に当たって、その家の人が熱射病になる場合もあるそうです。
その様な、太陽光発電による弊害を予め想定せずに、短期間に法外なFIT制度を餌に推進したものの、ここに来て様々弊害が表面化しています。

フリーエネルギーについては、小耳に挟んだことがある程度で、詳しくは分かりません。
それが従来の技術に置き換わる画期的な物であれば、早かれ遅かれ普及するのではないでしょうか。
現時点で普及しているとは言えないのは、技術的に問題があるか、きわめて限定的な用途にしか使えないものなのかもしれません。

神様は将来のエネルギーについて云々と述べることは致しません。
それが今の人間にとって未知のエネルギーであれば、そもそも人間が理解できるように説明できないでしょうし、それは人間が試行錯誤する中から見つけ出すものだと思います。



[151] 日本の今後のエネルギー政策について

投稿者: 水無月 投稿日:2015年11月 9日(月)17時27分24秒   通報   返信・引用

初めまして。水無月と申します。
こちらでこの話題を出すのはお門違いなのかもしれませんが、管理人さんのご意見を聞きたいと思いスレを立てさせていただきました。
今後のエネルギー政策についてです。

この前の大雨で、太陽光パネルが相当破損し、設営のために削ったところから堤防が決壊するなど、再生可能エネルギーと言われている発電の問題点が浮き彫りになっています。
また、電気料金に上乗せして電気を買い取るシステムについても、国民の負担が増えているだけなのでは?とつい考えてしまいます。
この現象はどういったことに気づくサインなのか教えていただけたら幸いです。

何故この質問をしたかというと、私はわりとスピ系の人間ですが、反原発などにあまり馴染めなかったのでどなたかに聞いてみたかったからです。
食品添加物や遺伝子組み換え作物の危険性は私も把握していますが、数ある発電方式の一つでしかない原発を何故槍玉に挙げるのかわからなかったので…
私自身福島出身で、今の所鼻血が出たり奇形の子供が生まれたりしたという話は聞いたことがありません。
自分の出身地に関してそういう風に言われたことを、未だに根に持っていて、馴染めないのかもしれません。

そういった一部の間ではフリーエネルギーという話もちらほら聞きますが、正直実態がよくわからず半信半疑でおります。
他のスピリチュアル関係のサイトになりますが、フリーエネルギーについてはこちらが詳しいようです。
http://blog.goo.ne.jp/narudekon/c/eb345026f1d06cbed96b03b4b0b1a6a9

日本の神様方は将来のエネルギーについてはどのようにお考えなのでしょうか。
必ずしもこの方式でなくても、誰でも安心して使えるような発電の仕方が今後現れたりするのでしょうか?

長くなりましたが、ここまで読んでいただきありがとうございました。
お忙しいこととは思いますが、ご意見をいただけたら嬉しいです。



[150] Re: 伊勢志摩サミット

投稿者: あやめ 投稿日:2015年10月23日(金)06時58分51秒   通報   返信・引用

管理人さま、霊媒さま、

ご返信頂きましてありがとうございます。
中国がいろいろしている間にも、ロシアは日本の領空・領海を侵犯したり、そもそも日本固有の領土を返還しなかったりで、日本とロシアの関係の歴史を振り返っても、遵法意識や道徳心のなさと言った意味では、中国の「大先輩」かも知れませんね。せっかく民主化しても、言論弾圧もあるようですし、本当の民主化には程遠いのでしょうか。



[149] Re: 北朝鮮最高指導者金正恩は東京電力100周年。

投稿者: Silvercord管理人 投稿日:2015年10月18日(日)11時22分24秒   通報   返信・引用 > No.148[元記事へ]

ねこ様

こちらはブログ『銀の紐』及び『銀の紐を越えて/α』の連絡用、及び、掲載記事に関連するテーマを取り扱う場です。
『銀の紐』『銀の紐を越えて/α』とは無関係の話題や、他サイトの宣伝等はご遠慮下さい。



[147] Re: 伊勢志摩サミット

投稿者: Silvercord管理人 投稿日:2015年10月12日(月)18時20分8秒   通報   返信・引用 > No.146[元記事へ]

あやめ様

霊媒に聞いたところ、招かれているとは言えるのですが、私たちやご覧の皆様が神社を参拝することと比べると、「神様に招かれる」意味合いが異なるようです。
『銀の紐』に掲載中の『ヨハネの黙示録』を解読する記事で述べているように、バチカンの拠点を開くとともに「神の裁き」の時代が始まりましたので、その文脈から読み解く必要がありそうです。
また、ロシアがこの場に同席を許されなかった理由についても、併せて考えた方が良さそうです。
この件について、霊媒は余り詳細な話をしませんでしたが、既に『銀の紐』等で述べている内容と合わせて考えると、この時期に「お伊勢さん」のお膝元でサミットが開催される意味が見えてきます。

ここでサミットについての復習をしておきましょう。
サミットは「先進国首脳会議」として1975年に、フランス・米国・英国・ドイツ・日本・イタリアの六カ国で発足しました。
翌年にはカナダが加わって七カ国となり、1998年にはロシアも加わりましたが、2014年にウクライナ・クリミア事案への抗議としてロシアの参加資格を停止しています。
ということで、現在のG7「主要国首脳会議」参加国は、フランス・米国・英国・ドイツ・日本・イタリア・カナダの七カ国となります。

さて、G7のメンバーを見ていると、あることに気がつきます。
参加国のうち、フランス・英国・ドイツ・イタリアはEU構成国であり、なおかつイタリアはバチカンの拠点のお膝元です。
同様に、米国とカナダは、五大湖を南北から挟むように位置しています。
現時点で米大陸の拠点の位置は明らかになっておりませんが、恐らく五大湖のほとりのどこかにあるというところまでは掴んでいますので、いずれにせよ現在の米国とカナダのどちらかに拠点があることになります。
そして日本には東京の拠点がありますので、G7とは、各地の「霊界と地上界を繋ぐ拠点」と馴染み深い国家の会議と言い換えることが出来ます。

また『銀の紐』に掲載中の『ヨハネの黙示録』を解読する記事では、EUとはローマ帝国の後継であり、これが悪魔サタンの眷属である第一の獣であるとあります。
第一の獣は、いずれ小羊と婚礼を上げる筈だった乙女を汚したので、かつての乙女は大バビロンと呼ばれる大淫婦になってしまいました。
その大淫婦とは現代のキリスト教会で、今回の「神の裁き」とは、大淫婦の正体を明らかにすることによって、協力者である王達やその他の人々に淫らな行為をやめさせること、そして問題の原因である大淫婦と第一の獣、偽預言者を罰するのが目的です。

一方、米大陸には第二の獣がおり、またサタンの玉座があるとされています。
今回の「神の裁き」は大淫婦を裁くのが目的ですので、第二の獣は命脈を保ちます。
とはいえ、大淫婦が裁かれ、第一の獣が処罰されるのは、サタンや第二の獣にとって大きなダメージとなりますので、大淫婦に対する神の裁きの影響を最小限に止める方向で、基本的には守勢のまま今世紀をやり過ごすのではないでしょうか。

そして日本は、第一の獣や偽預言者達と戦う「白い馬に乗っている方」が現れる場所になると考えています。
彼はイエスに比肩する精神的指導者として台頭し、証拠を示しながら言論で人々を説得し、第一の獣や偽預言者の嘘偽りを暴くことによって多くの味方を得て、彼らに引導を渡します。

ですから、それぞれが受け持つ役割は違えども、今回の神の裁きにおいて重要な役割を担う国がG7諸国であり、各々の国が担う役割に応じた神々の働きかけが為されるのではないでしょうか。
その様に考えると、ウクライナ・クリミア事案は、ロシアが今回の神の裁きで重要な役割を担えるか否かが問われる指標として機能していて、選択を誤ったロシアには、重要な役割を担う責任は果たせないと見なされたことになります。



[146] 伊勢志摩サミット

投稿者: あやめ 投稿日:2015年10月11日(日)17時09分52秒   通報   返信・引用

ご無沙汰しております。
来年、伊勢志摩サミットが開催されますが、これは世界主要国の首脳を、日本の神様がお招きしているということなのでしょうか。



[145] Re: バチカンの拠点解放に関係有り?

投稿者: Silvercord管理人 投稿日:2015年10月 4日(日)09時33分7秒   通報   返信・引用

気になった者様

補足します。

経済活動については、『銀の紐』掲載記事「『ヨハネの黙示録』に託されたメッセージ(その7)」の項目「神の裁きを受ける者達」で述べています。
http://inside-silvercord.blogspot.com/2014/10/blog-post.html

経済活動そのものは否定していませんが、嘘偽りに基づく経済活動が破綻するという趣旨です。
最近の事例を挙げると、「クリーンディーゼル」と称して大気汚染物質をまき散らしながらエコカー補助金を詐取していたVWのケースが、黙示録に登場する「大淫婦から富を得ていた商人達」の姿に重なります。

また、以下の点を訂正します。

× 「偽予言者達」 → ○ 「偽預言者達」
(未来予知をする者のことではなくて、神の言葉を預かる者ですので)



[144] Re: バチカンの拠点解放に関係有り?

投稿者: 気になった者 投稿日:2015年10月 3日(土)22時13分38秒   通報   返信・引用

返信ありがとうございます!
> ですから、『銀の紐』掲載の黙示録関連記事で述べているように、現在のキリスト教会で主導的な立場にある聖職者達(黙示録で「偽予言者」と呼ばれている者達)、そしてキリスト教に馴染み深い国の指導者達(「獣」及び付き従う地上の王達)に対するメッセージなのでしょう。
> 「これから神の裁きを行うので、覚悟をして待て」という警告ですね。

試しに【バチカン】【保守】【フランシスコ】で検索してみたら、「うーん…」となる複数の記事がヒット。
通称「バチカン銀行」と保守派政治家・マフィアとの癒着を正そうとしているみたいですね。イタリア外でも反共の点でCIAとも繋がっていた?、とする記事もあったり。
制約のない資本主義を「悪魔のクソ」呼ばわりしていたり(たしか、貴ブログの黙示録の解釈で経済的支配は「獣」の思惑、としていたような?)。

難民(経済的移民?)で混乱中のヨーロッパですが、早期に経済的植民地主義の思想から脱却して共存共栄へとシフトしてほしいものです。その暁には日本と価値観が共有できることになるのでしょう。



[143] Re: バチカンの拠点解放に関係有り?

投稿者: Silvercord管理人 投稿日:2015年10月 3日(土)12時29分1秒   通報   返信・引用

気になった者様

お待たせしました。
霊媒に確認を取ったところ、サンピエトロ大聖堂への落雷は「神の名を掲げて、人々を騙して私利を貪ってきた者達への警告」なのだそうです。

先代の教皇ベネディクト16世の時に、「霊界と地上界を繋ぐバチカンの拠点」が開きましたが、現在の教皇フランシスコが就任してから、『ヨハネの黙示録』に記されている二回目の「神の裁き」の時代に入りました。
ですから、『銀の紐』掲載の黙示録関連記事で述べているように、現在のキリスト教会で主導的な立場にある聖職者達(黙示録で「偽予言者」と呼ばれている者達)、そしてキリスト教に馴染み深い国の指導者達(「獣」及び付き従う地上の王達)に対するメッセージなのでしょう。
「これから神の裁きを行うので、覚悟をして待て」という警告ですね。

神の御心に沿っている者にとっては、「神の裁き」も恐れる対象とならないのですが、神の言葉を偽ってきた者にとっては、「神の裁き」を前にして戦々恐々とするしかないのでしょう。



[142] Re: バチカンの拠点解放に関係有り?

投稿者: Silvercord管理人 投稿日:2015年 9月29日(火)21時41分15秒   通報   返信・引用 > No.141[元記事へ]

気になった者様

霊媒に確認を取りますので、しばらくお待ち下さい。



[141] バチカンの拠点解放に関係有り?

投稿者: 気になった者 投稿日:2015年 9月29日(火)19時19分54秒   通報   返信・引用

はじめまして。
2013年2月11日、先代のローマ法王ベネディクト16世が退位を宣言した十数時間後、バチカン市国南東端にあるカトリック教会の総本山「サン・ピエトロ大聖堂」に雷が落ちたそうです(time、BBC)。

この落雷、2012年12月のバチカンの拠点解放と関係はあるのでしょうか?それとも偶然?

http://karapaia.livedoor.biz/archives/52118092.html



[139] (無題)

投稿者:   投稿日:2015年 8月31日(月)01時39分11秒   通報   返信・引用

神による一大プロジェクト開始の合図だったのですね。
間接的にでもその現象を確認できたというのは何だかありがたい話です。
ありがとうございました。


レンタル掲示板
145件の内、新着の記事から20件ずつ表示します。

お知らせ · よくある質問(FAQ) · お問合せ窓口 · teacup.レンタル掲示板

© GMO Media, Inc.